投稿日:

代理出産体験記その35-生まれた

朝の6時の便で夫はこちらに向かっており、到着するまでの間
私のすることと言えば、代理母の背中をさするくらいしかない。




看護婦さんは行ったり来たりしているが
ドクターは全く出てこない。
本当にいるんだろうか。
ま、まだまだ余裕だってことですかね。




代理母は「絶対に麻酔を打ってくださいね」
としきりに看護婦さんにお願いしている。
以前麻酔医が不在で
無麻酔で産んだことがありとても
つらかったからだ。




空港から電話があり、今夫は到着しこちらに向かっているという。
30分くらいで着くというので
看護婦さんにもそれを伝えた。
「この感じだと間に合うわよ」




10時すぎにようやく夫も到着した。
起きがけのまま来たって感じで
髪はぼさぼさー。



看護婦さんが、
「赤ちゃんが出てきたら誰がへその緒切りますか?」
「どうやって切るのかわかんないけど、俺がやってもいいよ」
と、夫。



「それから赤ちゃんが出てきたら誰に一番最初に渡したらいいかな?
お母さんのあなたね?」



あ、そうか。私は今日から、子供の生まれた瞬間から「Mother」なのだ。



夫は代理母の頭の方に立ち、そして
私は代理母の真横に立ち
彼女の手を握っている。


苦しそうな顔。
うんうんうなっている。
かわいそう。
ごめんね、私のために。
少しでも苦しみを吸い取ってあげたい。



看護婦さんが
子供が十分下の方に降りてきていて
もう黒い髪の毛もそこに見えているよと
教えてくれた。



髪の毛が見えてから徐々に子供は出てきて
やっとドクターも登場。



肩の部分でずいぶん長い時間止まっているように見えた。



代理母の顔は今まで見た事のない顔になっていた。
どうって・・・
これ以上ない苦しい顔。
うーん、うーんといきんでいる。



肩が出るのが大変そうに見えたが
そうこうしているうちに窮屈そうに出てきた。



なんかどす黒くて血まみれの赤ちゃん。
まるでチキンを扱うかのようにドクターが取り上げた。




小さい声でオギャーと泣いた。
おめでとうと看護婦さんがささやいてくれた。
投稿日:

アメリカ精子バンク ドナーのプロフィール

先日アメリカ精子バンクに登録しているドナーの
どんな情報を見ることができるかの
お話をしました。



今日はカリフォルニアクライオバンクの
”簡単なドナープロフィール”
についてです。



その中には
・生まれた年
・身長
・体重
・目の色
・髪の色
・髪の質
・髪の量
・体格
・種族的出身
・母方、父型祖先
・宗教
・教育(高校、カレッジ、大学終了、またそのGPA)
・専攻科目
・学位
・どんな能力に長けているか
・通常しているスポーツ
・話す言語
・趣味、才能
・好きな食べもの
・好きな動物
・どこに旅行にいきたいか、その理由
・どんなことが自分を笑わせるか
・自分の一番の魅力
などがあります。



この簡単なプロフィールは精子バンクでアカウントを開くことによって
(オンラインで可能です)
見ることができます。



アメリカには精子バンクが何社かありますので
フリーで見ることができる範囲は若干違っています。




精子ドナーにもよりますが
お金を払って購入するのですが
ドナーの幼少時代の写真が見れる
成人後の写真が見れる
幼少時代から成人くらいまでの成長の流れの写真が見れる
と色々あります。




この前患者さんと一緒にオフィスで精子ドナーを検索していて
その際に、オーディオ(ドナーさんの声を聴けるもの)があったので一緒に
聞いたのですが
「んんん~~!この人さわやかですよね!!」っと
患者さんも私もこの彼の声が気に入って何度も聞いてしまいました(笑)



声も素敵だったのですが
コメントも少し長めというか、多く語ってくれているこの精子ドナー
「またそれがいいですよね~~!明るく社交的な感じ」っと
またまた意見が患者さんと一致しました。