投稿日:

B型、O型のエッグドナー 急募

B型、O型のエッグドナーが不足しています!
登録後、すぐマッチングも可能ですので
是非、以下の条件に当てはまる方は
ご連絡下さいね。



年齢20歳から30歳までの健康な方
責任感のある方
遺伝性疾患、性病を含む感染症の無い方
精神安定剤、不法薬物を服用していない方
自己注射に耐えられる方
タバコを吸わない方
スケジュール調整が可能な方
アメリカ在住者のみ


お問い合わせはこちらから
投稿日:

UMUの取材を受けました

みなさん、「UMU」というポータルサイトご存知ですか?
このたび、私石原個人の代理出産ストーリーを載せて頂きました~。
記事はこちらから



UMU」は
”不妊、産む、産まないに向き合う全ての女性たちへ”、向けて
様々な選択、決断をしてきた女性達のリアルストーリーを発信しています。



がん闘病中に不妊治療を経験した女性二人が
作った会社が運営しているそうで



ここは、不妊治療のアプリを開発中、今秋には
不妊治療の履歴や医療費をスマホで
管理できるアプリを配信する予定だそうです。



なんと画期的な!



確かに数年にわたっての不妊治療の記録を
どうやって管理していくかというのは、
あまり人にも相談できないし
かなりの量の情報になってきますし
大変なことですよね。



アプリ、楽しみにしています。
投稿日:

代理出産 ミネソタで赤ちゃんとご対面

赤ちゃんはナーサリールームといって
ご両親が到着するまでの間病院側がケアをしてくれる場所が
あり、そこにいさせてもらえることになった。



あとは依頼者さんが無事にここへ到着することを願うのみ。



私の方はミネソタの空港へは夜到着するので
翌朝に病院に行く旨、代理母に伝えておいた。



そうだ、出産の時に臍帯血、臍帯組織を採っておきたいので
忘れずにと代理母にお願いしていたんだった。
どうなったかな。



臍帯血、臍帯組織を赤ちゃんの出生の時にとって保管しておくことにより
将来、難病を患った場合など多くの治療に役立つというメリットがある。



代理出産をしてもらう方は最近ではほとんどの方が利用をしている。
大変な思いをしてやっと授かったわが子のために
できることはしておきたいという気持ちからだ。



採取はドクターがするのだが、代理母には採取キットを病院に持っていってもらって
それを病院に渡してもらわないといけない。



代理母は出産で疲れているかと思ったのだが
メッセージを送ると
「採取は済んで、もう昼頃に業者がキットを取りにきたわよ」
とすぐに返答があった。



彼女は本当にすぐに何でもやってくれる人で
助かります。



病院へ到着。
代理母はぽつんと一人でベッドに座っていた。



大きなハグをした。
妊娠の経過報告など、いつもとても詳しくメールをくれるなど
とてもマメな彼女。
本当に素晴らしい代理母だったと思う。
彼女とのコミュニケーションで
不平不満、また心配になったことなど依頼者さんも私も一度もなかった。
大きなお仕事、本当にお疲れさま。。。




早く生まれると思っていたけどここまで早いと思っていなかったわ。
でも2回プッシュしたら出てきちゃって早かったの。
麻酔の先生が来る前に生まれてしまって。。。



ええっ!!そうだったんですか!!
大丈夫ですか?と聞いたが
ぜーんぜんって。
若いって素晴らしい。



私は親ではないので赤ちゃんに会う権利がないが
順調だという。



私は今日退院予定だと聞いたけど
もちろん依頼者さんが来るのを待って書類のことを
済ませてから帰るからね。



退院した後も、母乳を搾乳してもらい取りにいったり
裁判所に依頼者さんと一緒にいってヒアリングを受けなければならない
など、まだまだお世話になることがたくさんある。



州によって代理出産の法律が違うため、色々やり方も違う。
ミネソタ州はPost Birth Orderといって
出生後、裁判所にいって親権を認めてもらう。
ヒアリングは生まれてだいたい1週間のうちに設定される予定だ。



色々な話をしている間に依頼者さんからメッセージが入り
もうすぐ病院へ到着するというのでお出迎えに。



ナースは代理出産のケースはたまにここでもあるけど、
海外からの依頼者さんは初めてなのよ、と
ナースステーションのみなさんもとても、依頼者さんの到着を楽しみにしているご様子。



みんながWelcomeとあたたかく迎えてくれたあと、代理母の部屋へ。
出産後のハグはもう感動以外なにものでもないですよね。
ずーっと抱き合っていました(笑)
この9か月間大切に赤ちゃんを育ててくれた人ですものね。
本当に感謝です。




赤ちゃんがベッドに載せられからからとナーサリールームから運ばれてくる音がする。
いよいよ、ご対面。



赤ちゃん、赤い!って一言。
そうなんですよ、とても細い産道を通ってきたので
これは普通なんですよ。



小さくてかわいい。
ミルクを飲む時間とか量などの指示をナースから受けて、
早速親としての仕事開始!



依頼者さんの泊まるプライベート部屋も準備されていて
そこに今夜は赤ちゃんと一緒に泊まれることになっているが
一人は細いベッドでもう一人がソファで寝る感じだ。



ナースが明日の朝小児科のドクターがくるので
検査してもらって良好であれば明日退院できるそうだ。
投稿日:

代理母 破水!

赤ちゃんは予定しているスケジュールより
大きめだと代理母から聞いていたので
早めに生まれてくるのだろうと
予想はしていたものの



やはり「破水した」と連絡が入ると
ドキッとする。



ロサンゼルスタイム 夜中の3時。
目がなぜか覚めて、枕もとの携帯をみると
代理母からメッセージが。



「今破水したの。
これから病院へ行くわね。
もうすぐ赤ちゃんと会えるわよ。」




とうとうきたか。
短いメッセージに何とも言えない緊迫感があった。




「有難う。すぐ依頼者さんに伝えますね。
気を付けて。私もできるだけ早く向かいます!」
とだけメールを打って




依頼者さんにすぐLINEで連絡。
日本は夜の時間帯なのですでに
代理母からのメールを見ていたようで




「もう生まれてしまうんですか・・・」




もう少しで出産準備のために渡米というところにきていたが
2週間以上も前に生まれてしまうとは。。。



「すぐに飛行機の手配をして飛んでこれますか。
私もすぐ用意をして飛びます!」



依頼者さんは、
飛行機のチケットは、一番早くて3日後にこちらに到着する便にしか
変更できない。
それで大丈夫か聞いてもらえないでしょうか。



とおっしゃるのですが
「おそらく難しいと思いますが、弁護士事務所があいたら確認します。
通常病院はそんなに待ってくれないし
親がそんなに長い時間来ないとあかちゃんが
フォスターケアに行ってしまったら大変ですよ」



ミネソタ州に住む代理母のもとへ飛ぶのにも
私自身も家のこと、会社のこと、一通り整理をして考える時間も必要だ。



まだ家族はみんな寝ているし、こそこそっと準備を始める。



飛行機のチケットは直行便を選びちょうどいい時間帯を考えると
午後3時まで出発便はなかった。



とすると、到着は夜か・・・。
キット生まれちゃうだろうな。



そうこうしているうちにミネソタの弁護士事務所があく時間になり
依頼者さんの到着日のことを伝えたら
「Oh, No...., they need to come as soon as possible」
だめよ、できるだけ早くこないとよ。
とのことだった。



第一、誰が赤ちゃんの面倒をみるの?
代理母は見れないわよ。
病院のスタッフも親が到着するまでの
妥当な時間のみよ。



到着便がわかったらすぐに教えて。
と言われ



依頼者さんに再度連絡すると、
明日到着する便が取れました!とのこと。
良かった良かった。



アメリカの病院はこのようなケースで海外から飛んでくる場合
もちろん飛行時間などを含め妥当な時間は考慮してくれるが
それ以上になるととても厄介なことになる。



以前、インフルエンザで高熱を出して日本からすぐに飛んでこれない方がいて
いくらドクターの証明を出しても、責任放棄とみなされて、フォスターケア(孤児院のような場所)
に赤ちゃんを送ると言われ
大変な交渉が必要だったことがある。



ま、今回はそういうことにはならずに行けそうなので一安心。



代理母からもまたメッセージが入り、
・病院がいつ両親が来るのか知りたい
・赤ちゃんのケアをどうするのかの確認
・赤ちゃんのバンドをどうするのかの確認
などなど、代理出産エージェンシーから
病院にコンタクトしてもらうようにするからねと
話た。



そして陣痛は5分置きにきている。
ちょっと大変だけど我慢できる範囲よと。



こんな大変な時に病院とのやり取り、そして
私にアップデートのメッセージを書いてくれて感謝感謝。



そして1時間もしないうち
「生まれた!」と赤ちゃんの写真が送られてきた。



皆間に合わなかったけど、無事に生まれて
良かった良かった。
本当におめでとうございます。



待ちに待った赤ちゃん。
本当に素晴らしいギフトを下さって
有難うございます。
投稿日:

代理母へ会いに行く 

代理母の医療検査もちょうど先週無事終了し、
問題なく前へ進めるといううれしい知らせがあり
日本在住の依頼者さんが代理母の住む町を訪れるため、
日本からいらっしゃいました。


今回はコロラド州デンバーにお住まいの代理母です。


代理母の方とこの先長い代理出産のプロセスを
進めていくには、お互いの信頼関係がとても大切で


そのためやはり直接会ってお話するのがお互いに
気持ちが通じ合い良い関係づくりができます。


私もコーディネート兼通訳として出向き、ランチを共にしました。


代理母の方はすごく素敵なコージーなレストランを選んで下さり
落ち着いてお話がしたい私達のようなグループには
ぴったりの場所でした。


若いけれどしっかりした3人の子持ちのお母さん。
このように子供が欲しい人の助けをするということが
「本当にあなたらしいわ」とお母さんに言われたと言っていました。


依頼者さんがゆっくりと英語でお話してコミュニケーションを取ろうという姿にも
しっかりと耳を傾けてくれて、すごく優しい方なんだと実感しました。


赤ちゃんを産む予定の病院も聞き、そのあたりにもUberで行き
出産時の滞在ホテルもどのあたりがいいかなと依頼者さんと検索してみたり、
その地に行くと段々実感もわいてきますね。


デンバーのダウンタウンにはお店やレストランが並んでいるエリアがあり
端から端まで無料バスがありそれに飛び乗ればとても便利です。
このあたりだったら食べるものにも困らないかなと依頼者さんがお話しされていましたが
長期滞在ですと日本食が恋しくなりますからね。
デンバーダウンタウン


今後は代理出産契約、移植と進んでいきますが
3月には移植ができるといいね!と
代理母も「So exciting !」 と
とてもワクワクしていました。

投稿日:

卵子提供 精子提供 代理出産 個別相談会

卵子提供 精子提供 代理出産についての個別相談会を
東京で行います。
日にち:2016年3月26日(土)27日(日)
時間: お一組1時間半枠 
場所: 東京都中央区

事前に予約が必要となりますので
以下からご連絡下さい。

精子提供 代理出産 相談会予約はこちらから

卵子提供 相談会予約はこちらから

皆様のご連絡をお待ちしております。
投稿日:

代理出産体験記その35-生まれた

朝の6時の便で夫はこちらに向かっており、到着するまでの間
私のすることと言えば、代理母の背中をさするくらいしかない。




看護婦さんは行ったり来たりしているが
ドクターは全く出てこない。
本当にいるんだろうか。
ま、まだまだ余裕だってことですかね。




代理母は「絶対に麻酔を打ってくださいね」
としきりに看護婦さんにお願いしている。
以前麻酔医が不在で
無麻酔で産んだことがありとても
つらかったからだ。




空港から電話があり、今夫は到着しこちらに向かっているという。
30分くらいで着くというので
看護婦さんにもそれを伝えた。
「この感じだと間に合うわよ」




10時すぎにようやく夫も到着した。
起きがけのまま来たって感じで
髪はぼさぼさー。



看護婦さんが、
「赤ちゃんが出てきたら誰がへその緒切りますか?」
「どうやって切るのかわかんないけど、俺がやってもいいよ」
と、夫。



「それから赤ちゃんが出てきたら誰に一番最初に渡したらいいかな?
お母さんのあなたね?」



あ、そうか。私は今日から、子供の生まれた瞬間から「Mother」なのだ。



夫は代理母の頭の方に立ち、そして
私は代理母の真横に立ち
彼女の手を握っている。


苦しそうな顔。
うんうんうなっている。
かわいそう。
ごめんね、私のために。
少しでも苦しみを吸い取ってあげたい。



看護婦さんが
子供が十分下の方に降りてきていて
もう黒い髪の毛もそこに見えているよと
教えてくれた。



髪の毛が見えてから徐々に子供は出てきて
やっとドクターも登場。



肩の部分でずいぶん長い時間止まっているように見えた。



代理母の顔は今まで見た事のない顔になっていた。
どうって・・・
これ以上ない苦しい顔。
うーん、うーんといきんでいる。



肩が出るのが大変そうに見えたが
そうこうしているうちに窮屈そうに出てきた。



なんかどす黒くて血まみれの赤ちゃん。
まるでチキンを扱うかのようにドクターが取り上げた。




小さい声でオギャーと泣いた。
おめでとうと看護婦さんがささやいてくれた。
投稿日:

アメリカ精子バンク ドナーのプロフィール

先日アメリカ精子バンクに登録しているドナーの
どんな情報を見ることができるかの
お話をしました。



今日はカリフォルニアクライオバンクの
”簡単なドナープロフィール”
についてです。



その中には
・生まれた年
・身長
・体重
・目の色
・髪の色
・髪の質
・髪の量
・体格
・種族的出身
・母方、父型祖先
・宗教
・教育(高校、カレッジ、大学終了、またそのGPA)
・専攻科目
・学位
・どんな能力に長けているか
・通常しているスポーツ
・話す言語
・趣味、才能
・好きな食べもの
・好きな動物
・どこに旅行にいきたいか、その理由
・どんなことが自分を笑わせるか
・自分の一番の魅力
などがあります。



この簡単なプロフィールは精子バンクでアカウントを開くことによって
(オンラインで可能です)
見ることができます。



アメリカには精子バンクが何社かありますので
フリーで見ることができる範囲は若干違っています。




精子ドナーにもよりますが
お金を払って購入するのですが
ドナーの幼少時代の写真が見れる
成人後の写真が見れる
幼少時代から成人くらいまでの成長の流れの写真が見れる
と色々あります。




この前患者さんと一緒にオフィスで精子ドナーを検索していて
その際に、オーディオ(ドナーさんの声を聴けるもの)があったので一緒に
聞いたのですが
「んんん~~!この人さわやかですよね!!」っと
患者さんも私もこの彼の声が気に入って何度も聞いてしまいました(笑)



声も素敵だったのですが
コメントも少し長めというか、多く語ってくれているこの精子ドナー
「またそれがいいですよね~~!明るく社交的な感じ」っと
またまた意見が患者さんと一致しました。